産業医角田 拓実

こんにちは。つのだ産業医事務所代表産業医の角田拓実と申します。
私はもともと大学で5年間癌を含む病気の解析を学んできました。その中で予防医学に興味を持ち労働衛生環境の不良が身体的、メンタル的に悪影響をあたえていると考え産業医になりました。
産業医と聞いて、医師なのはわかるけど、具体的にどういうことをする職種なのかご存知ない方も多いと思います。通常、医師は診察や病気の治療を行いますが、産業医は企業で働く労働者の健康管理や作業管理、改善などを行います。
企業にとって、従業員は生産率を高め企業を発展させるなくてはならない存在。そんな存在だからこそ、健康を管理することが大切になってきます。
長期間で身につけた技術や経験を持つ従業員のレベルをあげることや、これから有望な若手社員に頑張って働いてもらうことは企業にとって大きな利益です。
そういった利益を守るためにも、産業医はいます。
2019年4月より施行された働き方改革や、2020年新型コロナウイルスの影響でリモートワークが主流になるなど働き方が大きく見直されています。
どんな時代や状況の変化が生じても、当事務所の活動を通して「健康」を的確にサポートさせていただきます。

略歴

2007年 浜松北高校卒業後愛知医科大学入学。
2012年 愛知医科大学卒業とともに愛知医科大学病院入職、臨床研修を修了する。
2015年 愛知医科大学医学研究科(病理学)に入学。
2018年 愛知医科大学病理学講座助教就任。
2019年 合同会社つのだ産業医事務所を開業する。
株式会社豊田自動織機刈谷本社ほか自動車販売店、運送業、製菓メーカー、小売業者など10事業所以上で産業医を務める
資格 日本医師会認定産業医/健康経営アドバイザー